【予約販売品】 雛人形 雛祭り 市川伯英頭[193to1409-a27] 麹塵[幅60cm]小出松寿 正絹 親王平飾り【貴船】京十二番-親王飾り.

【予約販売品】 雛人形 雛祭り 市川伯英頭[193to1409-a27] 麹塵[幅60cm]小出松寿 正絹 親王平飾り【貴船】京十二番-親王飾り





















雛人形 親王平飾り【貴船】京十二番 正絹 麹塵[幅60cm]小出松寿 市川伯英頭[193to1409-a27] 雛祭り

飾った時のサイズ

間口60×奥行40×高さ32cm

お人形

小出松寿作・市川伯英頭
京十二番親王 貴船
正絹御衣裳、麹塵染(光の当たり方で色が変化します)殿衣装、有職文様姫衣装、桐木胴木彫手、魚袋石帯殿

屏風・台

金沢箔安芸の金銀紙絹目黒枠三曲金屏風、黒塗龍美畳台

雪洞

コードレスなつめ式 薄墨桜(点灯します)

お花

お道具

桜衣


この商品をご購入いただいたお客様に、オルゴール付き写真立て、毛せん、毛ばたき(お手入れ)セット、被布着20をプレゼントさせていただきます。
(予告なく同レベルの物と仕様が変更になる場合がございます。)


■麹塵(きくじん)染め■
古代中国より伝わった染技法のひとつである麹塵染め。
”あおしろつるばみ”とも呼ばれ、コウジカビの色です。
異なった染料を掛け合わせるなど、手間がかかり技術的に難しい染め方をすることによって、光源がかわることでまったく違った色に見えます。
普段は落ち着いた緑や紺系の色合いをしていますが、照明(白熱電灯)の下では鮮やかな赤系の色合い、というように場面にあわせて色合いが変わって見えます。


■小出松寿(こいでしょうじゅ)■
1943年生。大阪府東大阪市在住。母である初代小出愛(めぐみ)に師事し、人形の教えをうける。昭和48年、二世を継ぎ、松寿(しょうじゅ)と名乗る。日本人形から市松人形、雛人形へと、様々な人形製作に取り組む。埼玉県コンクールにて文部大臣賞受賞。大阪工芸展にて近畿通商産業局長賞受賞。また日本人形協会節句人形工芸士展にて優秀賞受賞。その他、数多くのコンクールで入賞。2014年大阪府優秀技能者(なにわの名工)に認定される。現在、人形工房松寿の主宰として、新たなる人形製作に情熱を傾けている。


■市川伯英(いちかわはくえい )■
人形頭師
大学卒業後、家業の人形製作所に入社し、人形の新作、開発担当を担う。頭師である兄より頭の製作技術を学び、平成9年に頭師として独立。原型を作り、面相仕上げなど研鑚をつみ、個展と現代を調和させて優美な作風を確立。現在、雛人形、市松人形を中心に製作活動に励む。

雛人形は、職人さんの手作りです。木目等の風合いや生地の出方、小物等が異なる場合がございます。
生産工程上、色ムラや細かいほつれ、同じ生地でも柄の出方が変わる場合がございますので、悪しからずご了承下さいますようお願い申し上げます。


雛人形

【予約販売品】 雛人形 雛祭り 市川伯英頭[193to1409-a27] 麹塵[幅60cm]小出松寿 正絹 親王平飾り【貴船】京十二番-親王飾り

【予約販売品】 雛人形 雛祭り 市川伯英頭[193to1409-a27] 麹塵[幅60cm]小出松寿 正絹 親王平飾り【貴船】京十二番-親王飾り

【予約販売品】 雛人形 雛祭り 市川伯英頭[193to1409-a27] 麹塵[幅60cm]小出松寿 正絹 親王平飾り【貴船】京十二番-親王飾り

JCCE部品加工

JCCE会社案内

JCCE本社社屋(東京都)
JCCE安曇野工場(長野県)
JCCE安曇野工場(長野県) JCCE社員が綴るブログです
JCCE求人案内
[徳永][鯉のぼり]室内用[吊るし飾り鯉のぼり][80cm鯉3匹][星歌友禅][日本の伝統文化][こいのぼり]

ページトップへ